故人の遺品を整理することは心の掃除へと繋がる

大量の写真など思い出の品の処理に困りました。昔は写真は全て現像していたので量もかなり多いです。
家族のものとなると自分自身も少し思い入れがありなかなか捨てにくく手元に置いてしまいます。

 

同様に御守りや思い出の木彫り人形(おそらくどこかのお土産でしょう。)着物なども捨てることができず、しまいこんでしまい片付きません。

 

写真は一通り全部眺めて、数冊のアルバムのみを厳選して残し後は捨てました。
しかしそのことを他の家族に伝えると「なぜ勝手に捨てたのか。」と小さなトラブルとなりました。

 

御守りはいつか神社などは持っていこうと思い、押入れの中にしまいこんでいます。
お土産などはリサイクルショップへ買取に持ち込むことも考えましたが、結局捨てました。

 

値打ちのある高価な着物も売れば二束三文、身内の誰かが着れば良いと思いしまったままです。
故人の想いや念の入った物は処分しにくいです。しかし、物は日に日に増えていきます。

 

無駄に置いておくよりは、潔く処分して気持ちを楽にするのが心の掃除となるでしょう。