独身だった叔父の遺した大量の本

わたしの父方の叔父は独身でした。60代半ばで癌が見つかり、3年ほど闘病を続けていましたが、発見が遅かったこともあり、帰らぬ人となってしまいました。親戚も少ないので、叔父の遺品の整理は、わたしの両親とわたしの3人ですることになりました。

 

初めて叔父の家に足を踏み入れたときは、文字通り足の踏み場もないほど、部屋のなかは物で埋め尽くされていました。その物のほとんどは「本」です。叔父の職業は弁護士でした。そのうえ、趣味は読書だったので、法律関係の類や小説、エッセイなど、ありとあらゆる種類の本が、一階にも二階にも高く積まれていました。二階の床が抜けるのではないかと本気で心配したほどです。

 

とりあえず、法律関係の専門書と一般書に分類しましたが、これだけで3日かかりました。一般書は近所の古本屋に引き取りにきてもらいました。法律関係の専門書も一緒に引き取ってもらおうかと思いましたが、一冊当たりの値段があまりに高かったため、二束三文で古本屋に売るよりも、叔父の出身大学に寄付することにしました。

 

大学側には非常に喜ばれたので、少しは叔父も喜んでくれているかと思います。