粗大ごみを出す時もご利用は計画的に!

我が家は賃貸暮らしなのですが、夫の転勤が決まり、家電やら家具などをどうするかということになりました。どれも使い始めて2年くらいだったので、引っ越しする直前まで使って、リサイクルショップで引き取ってもらおうと高を括っていました。ところがどうでしょう。引っ越し前、2週間くらいに一度リサイクルショップの方に来ていただいたところ、処分に一番困りそうなソファやベッドは引き取れないと言われてしまいました。お店の方には某ネットサイトで売りに出してみたらと言われましたが、トラブルが起きたら嫌だと夫が言うので、最終的に自治体の粗大ごみ処分で出すことになりました。

早速、自治体のお願いするところに電話をしたところ、月に一度の粗大ごみの日に出していただけたら無料ですよ、お住まいはどこですかと聞かれました。無料なの?と心を躍らせたのもつかの間、住所を言うと、電話口の職員の方はあ~、今日でしたねとのこと。二人でバラバラにしてゴミを小さくするべく頑張りましたが、しっかり諭吉さんが飛んでいきました。ご利用は計画的によく別のことで言われますが、粗大ごみを出す前にも使えるフレーズなんだと実感した出来事でした。

粗大ごみはストレスのタネ。気力体力のあるうちに処分

粗大ごみの廃棄については、重く大きいものがほとんどで、老人の身には無料で廃棄する場合家から出してトラックに積み込むことがまず大変でした。
さらに荷造りして指定された廃棄場所まで運ぶことが非常に困難です。地元千葉の業者に頼んで処理してもらう選択もありますが、経済的に負担だし、どの業者が良いか、どのように手配をしていいかがわからず困りました。
家から大きな粗大ゴミを外に運ぶ力仕事については、親戚の方に声を掛けて荷造りまでの手伝いを頼むことで解決しました。
トラックで運ぶのも別の親戚の方にお願いして協力してもらいました。
廃棄する時期や場所や公共の取り扱い機関についてはインターネットを扱える若者に頼み、詳しい情報を集めてもらいました。
念のために信頼できそうな地元の業者をネット検索してピックアップしてもらいましたが、こちらの情報を知らせることに抵抗があり、最後の手段として考え今回は見送りました。
気力があり身体が動くうちに、粗大ゴミに代表される捨てにくいもの、残したら迷惑になるようなものは早めに処分するべきです。
そしてモノを買うときには処分しやすいか、どのように処分できるかまで考えて購入すると後々苦になりません。

一人暮らしの粗大ゴミ処分

10年くらい前の話になりますが、すごく大きな洋服ダンスを処分した時の出来事です。

家具にあまりお金をかけたくなかった私は、リサイクルショップを回るのが日課でした。
そこで昭和のレトロ感漂う木目調の洋服ダンスが1000円で売られて即買いしました。コスパ良いしいっぱい収納できるしいいなと思いました。

しかし数年後、デザイナーズマンションに住んでいた私は、建物の外観と部屋の内観からタンスのギャップに違和感を感じ始めて、タンスを粗大ゴミに出す決意をしました。

役所に頼んだため、とても安上がりで済みました(1000円掛からなかったと思います)。過去に便利屋で頼んだ時ボッタクられて以来、学習しました。

何が大変かといったら1Fのエントランスにタンスを一人で担いだ事です。
とても大きかったため、エレベータにタンスが入りません。一人で担いで階段を降りたのは本当に危ないなと思いました。洋服に木の破片がくっついてくるし。

しかし処分して、大きな家具を処分して部屋のスペースが広くなって清々しいのが私の結論です。

粗大ゴミの捨て方は自治体によって違います

皆さんがお住まいの自治体では、粗大ゴミの捨て方はどのようになっていますか? 私の知っている限りでいいますと、まず、回収自体をしていない自治体があります。この場合、住民はどうするかというと、指定のゴミ袋に入る大きさになるまで専用のカッターなどを買って自分で切り刻まなければならず、大変な労苦となります。それが嫌なら業者さんに頼んで有料で引き取ってもらうしかありません。ある自治体では有料回収も行っていますが、なぜか1人につき年に2回までという制限があります。次に、有料で回収してくれる自治体があります。これは、あらかじめ役所で「引取券」を購入して、捨てたい粗大ゴミに張りつけ、指定の場所まで自分で持っていけば持っていってもらえます。どちらにしても余分な出費がかかるのですが、中には粗大ゴミの回収無料という自治体もあります。そういう自治体では、専用のゴミ袋も不要で、どんなゴミ袋に入れて出してもいいというところもあります。このように、自治体の財政力はゴミの捨て方にもあらわれていることも多いので、引っ越し先を決める場合はゴミの捨て方も自治体の選び方の参考になります。よく最寄り駅情報だけを第一に考える人も特に独身者の方には多いですが、どうせ住むなら貧乏な自治体よりも裕福な自治体に住んだ方が何かとトクです。それをはかる1つのバロメーターが、この「粗大ゴミの出し方」なのです。

その粗大ゴミどうするつもりなんですか?

以前働いていた個人経営の会社の隣の家が…所謂「ゴミ屋敷」でした。その御宅の方は、粗大ゴミを引き取って転売したりするのが仕事だと言っているようですが、正直周りの家は私の勤めていた会社も含め大迷惑でした。夏にはゴミに溜まった雨水から蚊が発生したり悪臭がしたりします。ご近所も使う道路にもゴミがはみ出している為、道を通るのも一苦労…しかもご近所にはお年寄りが多く住んでいる為、こうした粗大ゴミがはみ出していると、もしお年寄りに何かあっても緊急車両が通れない可能性もあるので行政が注意してから近所の方々もボランティアで清掃を手伝って道路にはみ出しているゴミだけ片付けをしました。でも、しばらくするとトラックで何処からか冷蔵庫やらテレビ、豹の置物や水槽などを運んできて、また道路に置いてしまいました…ゴミは売っていると言っていますが、それなら近所にコンテナでも借りてくれれば良いのにと思いました。近所のお年寄りや周りへの迷惑も心配でしたが、個人的にはそんなゴミだらけの中で育てられている子供達が一番心配でした。現在は会社を辞めてしまったので、その家がどうなっているか分かりませんが片付いている事を願うばかりです。

PR|不用品は遺品整理士へ