自分で整理して逝くのが理想的

遺品の片付けは自分が思ったよりも大変でした。

私が片付けたのは祖父母の遺品と家でした。

まず思ったのは何から手をつけたら良いのか全くわかりませんでした。

なので私は祖父母の兄弟達を家に呼んで形見分けをしました。

これが良かったようで衣類や寝具、ちょっとした家具は割と片付いていきました。

それでも片付かなかった衣類はゴミ袋を買いとにかく詰めて行きました。

一体何キロだ?と思うほどでした。

次に大変だったの食器類でした。

祖母は可愛い食器が好きだったのでたくさん集めていました。

もちろん私も思い入れがあったものもありました。

それでも物が増えてはと思い使ってくれる人に譲ったり寄付したりしてなんとか片付けるとことが出来ました。

家具などはもう古い物ばかりでわたしが使えそうなものは全くなかったので粗大ゴミに出したり…かなりの時間がかかり部屋を片付けて行きました。

最終的に一番困ったのは仏壇と家でした。

仏壇をゴミに捨てるには罰当たりだし大きすぎて貰い手もなく八方塞がり状態でした。最終的にはお祓いをしてもるい捨てましたが良い気はしませんでした。

家は一年以内に売れたのでなんとかなりましたが自分が歳をとった時には遺品整理で子供達が困らないように物は減らしていこうと強く思いました。

独身だった叔父の遺した大量の本

わたしの父方の叔父は独身でした。60代半ばで癌が見つかり、3年ほど闘病を続けていましたが、発見が遅かったこともあり、帰らぬ人となってしまいました。親戚も少ないので、叔父の遺品の整理は、わたしの両親とわたしの3人ですることになりました。

 

初めて叔父の家に足を踏み入れたときは、文字通り足の踏み場もないほど、部屋のなかは物で埋め尽くされていました。その物のほとんどは「本」です。叔父の職業は弁護士でした。そのうえ、趣味は読書だったので、法律関係の類や小説、エッセイなど、ありとあらゆる種類の本が、一階にも二階にも高く積まれていました。二階の床が抜けるのではないかと本気で心配したほどです。

 

とりあえず、法律関係の専門書と一般書に分類しましたが、これだけで3日かかりました。一般書は近所の古本屋に引き取りにきてもらいました。法律関係の専門書も一緒に引き取ってもらおうかと思いましたが、一冊当たりの値段があまりに高かったため、二束三文で古本屋に売るよりも、叔父の出身大学に寄付することにしました。

 

大学側には非常に喜ばれたので、少しは叔父も喜んでくれているかと思います。

祖父の遺品整理について

もう10年ほど前になりますが、祖父の遺品を整理したときのことを書きます。
祖父は、70後半で亡くなりまして、戦争を経験している世代のせいか、とにかく物を捨てられない性格でした。特に大量の新聞紙や雑誌の山が、祖父母の家にはあって、1部屋まるまるを埋め尽くすほどの量になっていました。ほこりもすごくて、一気に片付けることはできず、少しずつ片付けて、トータルで1年くらいは祖父母の家に行くたびに運び出していました。

 

今は、遺品整理をしてくれる業者さんもたくさんあって便利だと思いますが、当時はそのような知識がなく、自分たちで片付けていくしかありませんでした。あるときは、軽トラを借りてきて、運んでもらったこともあります。祖母も80近い年齢ですので、一人では到底片付けられないような状況でした。なので、子どもと孫で協力して、少しずつ片付けるしかありませんでした。

 

そんな祖父の遺品整理を見ていたこともあって、祖母も迷惑をかけまいと、最近少しずつ終活として、自分のものを整理しはじめてくれたので、ほっとしています。