友人の家の清掃を手伝いました

本当にびっくりしたのです。友人は何と片づけをできない人だったのです。見た目はとても清潔感があって、とてもきれいです。男性にだってとてもモテるのです。それなのに友人の家に行って、本当にびっくりしたのです。ぐちゃぐちゃだったのです。ごみであふれていたのです。
話しを聞くと、片づけができないと言いました。子供の時から片づける事が苦手で、部屋はいつもぐちゃぐちゃで、どうすればいいかわからなかったみたいです。
だから私は友人の部屋の清掃をする事にしたのです。とても大好きな友人なので、もっときれいな部屋に住んでほしかったのです。だからきれい好きの私が友人を助けたかったのです。
まずは不用品を、みるみる捨てていきました。友人がどうしようと悩んでいたら、それはすかさずごみ箱行きにしたのです。そうしないと、全然前に進まないからです。
部屋が片づいていきました。床が見えてきたのです。そしてベッドもありました。みるみるきれいになっていくのが、私にも友人にも嬉しかったのです。

粗大ゴミの捨て方は自治体によって違います

皆さんがお住まいの自治体では、粗大ゴミの捨て方はどのようになっていますか? 私の知っている限りでいいますと、まず、回収自体をしていない自治体があります。この場合、住民はどうするかというと、指定のゴミ袋に入る大きさになるまで専用のカッターなどを買って自分で切り刻まなければならず、大変な労苦となります。それが嫌なら業者さんに頼んで有料で引き取ってもらうしかありません。ある自治体では有料回収も行っていますが、なぜか1人につき年に2回までという制限があります。次に、有料で回収してくれる自治体があります。これは、あらかじめ役所で「引取券」を購入して、捨てたい粗大ゴミに張りつけ、指定の場所まで自分で持っていけば持っていってもらえます。どちらにしても余分な出費がかかるのですが、中には粗大ゴミの回収無料という自治体もあります。そういう自治体では、専用のゴミ袋も不要で、どんなゴミ袋に入れて出してもいいというところもあります。このように、自治体の財政力はゴミの捨て方にもあらわれていることも多いので、引っ越し先を決める場合はゴミの捨て方も自治体の選び方の参考になります。よく最寄り駅情報だけを第一に考える人も特に独身者の方には多いですが、どうせ住むなら貧乏な自治体よりも裕福な自治体に住んだ方が何かとトクです。それをはかる1つのバロメーターが、この「粗大ゴミの出し方」なのです。

「ほどほど」を意識して、大掃除をしよう

最近、年齢によってごみの捨て方に差があるように感じています。簡単にいうと、断捨離のことです。私は両親と一緒に暮らしているアラサーなのですが、私だと結構簡単に断捨離はできます。一方、母などはどんなに使えなくなったものでも、絶対に捨てたりはしません。ゆえに物はどんどん溜まっていってしまいます。これはきっと育ってきた生活環境の違いもあると思うのです。母などが育ってきた時代は物がない時代です。欲しくても買えない時代に育ってきたのです。そのため、物に対する執着心が強く、なかなか捨てることはできません。反対に私達は物が溢れた時代に育ってきたため、物に対する執着心はさほどありません。断捨離をしたりして、整理整頓がしたいという願望があります。どちらがいいかと言われれば、ちょうど半分くらいの心構えがいいと私は思っています。昨今の断捨離ブームで、ミニマリストが増えましたが、ちょっと行き過ぎているようにも感じました。物は大切にすべきです。かといって、溜め込んでしまってごみ屋敷になってしまうのも考えものです。要は「ほどほど」がいいのだと思います。私も「ほどほど」を意識して、この年末は掃除を頑張ろうと思っています。

PR|生前整理は今から始めよう|

場所によって掃除をする頻度を決めてみる

掃除が苦手という人は、掃除をする箇所の頻度を決めるという方法があります。例えば、部屋全体に掃除機をかけるのは週に一度、でも机の上を布巾で拭くのは2週間に一度、そしてベッドの下の埃をとるのは年に一度、などなどです。
あれもこれもしないとと思うと焦りますし、しなければならないことがたくさんあり、その用意ができていないとやる気も失せます。だから場所によって掃除の頻度を決めて、部屋の丸洗いはしないようにするのです。少しずつキレイにするから汚れが溜まりません。
これさえ守れれば、年末の大掃除の時は細かいところだけを掃除すればそれで終わり、ゆったりとした休みを満喫できます。掃除をしよう!と意気込んだは良いものの、風邪を引いてしまって掃除が来年に持ち越しに・・・なんてことがないよう、掃除はコツコツとやっておく方が賢いでしょうね。年をまたぐとまた他のことで忙しくなるので掃除をしている暇もやる気もなくなるかもしれません。

PR|http://777fukujin.com/works/works-126/|

粗大ごみを一掃しよう

年の瀬が押し迫る前にこれまで気になっていた粗大ごみの片付けに取り組むことにしました。普段は足を踏み入れない倉庫はホコリまみれなので、頭にタオルを巻きマスクとカッパを着用し挑みます。一応片付けたいものは把握しておいたつもりでしたが、選定が結構大変これでほぼ1日を費やしてしまいました。片付けには業者を依頼するのではなく自治体で月1回行われる回収の日に直接自己搬入します。軽トラは手配済み、貸してもらった知り合いがなんと手伝ってくれるというおまけつき、荷台に積むのがとても楽チンでした。タンス、ソファー、食器棚やわけのわからない廃材など一気に積み込み出向きます。到着すると、すでに多くの車が列をなし並んでいるではありませんか。みんな考えることは同じなのか、いやそれともいつもこんな感じなのかと思いを巡らせます。30分くらいしてやっと順番が回ってきます。でもありがたいことに係員の方がすべて降ろしてくれたので車から降りずドライブスルーのようでした。おかげでスッキリ、いい年末が迎えられそうです。

ロボット掃除機を利用しよう

家の掃除が苦手な方ってそれなりに多いと思います。私もやらなければならないと分かってはいるけれどもやる気が起きないというジレンマがあり、面倒くさいから明日でいいやとなって、汚部屋で暮らしています。そんな私が奮発して購入したのがロボット掃除機です。数年前から「ルンバ」を筆頭にいろいろな種類の製品がでてきていて、買ったらすごく楽になるだろうなと思い、非常に気になっていました。使用してみた感想としては、やっぱり楽ちんです。ロボット掃除機は勝手に掃除をしてくれるので、ほこりやペットの毛なんかが気にならなくなりました。私が外出している最中もこうしてパソコンで記事を作成している最中もお掃除してくれています。その健気さに愛着が湧いてきてしまっています。めんどくさがりな私がおすすめする掃除道具の第一位です。やっぱり普段から綺麗な部屋で過ごせていると気分もよくなり、何事にもポジティブに考えられるようになりました。私と同じような方には大変おすすめできる製品です。

PR|遺品整理はプロに聞くと早い!|