持ち運びに苦労する不要品のベッドは分解して処理を

PR|遺品整理でおすすめ
私は自宅内にあまり粗大ごみを溜め込まない様、毎年の様に年末に1年分の不用品を纏め、車を利用し近くの処理センターにまで持ち込んでいました。

ここ数年はまめに処分してきたせいで小物中心で落ち着いていたものの、去年に関しては話は別。ちょうど経年劣化の為買い替えが必要となった家具や家電が幾つか重なってしまい、その時は軽トラックを別途レンタルしなければ運べない程の数量となってしまっていたのです。

それらの中でも特に難儀したのが折り畳み式の大人様パイプベッド。かなり本格的な造りだったもののここ数年は全く利用する機会を失い、ジョイント部分は錆び付きもはや再び利用出来る状態では無くなってしまっていたのです。

しかもそれが置いてあったのが3階の寝室というのがいやらしいところ。そのまま担いで階段を降りる訳にもいかず、結局レンチやドライバーで適当なブロックにまで分解し、地階のトラックにまで運び降ろさなければなりませんでした。

錆びてネジが固着している部分も多く分解には結構苦労したものの、早目に作業をスタートさせた事もありその日の夕方までにはすべて積み終わり、他の不用品と共に処理センターに持ち込む事が出来たのです。

PR|アフィリエイト相互リンク|ショッピングカート|健康マニアによる無病ライフ|お小遣いNET|童話|GetMoney|英語上達の秘訣||住宅リフォーム総合情報|初値予想|マッサージのリアル口コミ.com|オーディオ|お家の見直ししま専科|貯蓄|JALカード|工務店向け集客ノウハウ|女性の人生|